ミルラって知ってる?

美容、健康にとっても効果的なアロマオイル、ミルラについて。

ひび割れなどの皮膚トラブル用ブレンドレシピ ひび割れなどの皮膚トラブル用ブレンドレシピ はコメントを受け付けていません。

ひび割れなどの皮膚トラブル用ブレンドレシピ

 

各種あるエッセンシャルオイル。香りを楽しむ以外にも外傷や肌トラブルにも威力を発揮し、肌荒れ・ひび割れの痛みを軽減する強い味方であることはご存じでしたでしょうか?
手作りでハンドクリームのブレンドに挑戦してみましょう。4種のエッセンシャルオイルをオリーブオイル30ccに合わせていきます。
まず今回の主役はミルラ。鎮痛作用・殺菌作用とその役立つ場は幅広く、甘いスパイシーな香りが精神バランスを整えるのにたいへん有用で、呼吸器や消化器の代謝促進にも効くことはよく知られています。まずこちらを1滴。
ここにさらにカモミール・ジャーマン2滴、パルマローザ1滴、ローズウッド2滴を合わせます。このブレンド用の3種もそれぞれに保湿作用・鎮静作用に優れており、香り・効能ともにたいへんに相性のよい組み合わせです。中でもカモミール・ジャーマンは出しゃばりすぎず、主役のオイルをより効果的に引き立たせる、ブレンド向きの名脇役。フルーティな香りと女性特有の体調不良に強いという特性はどの年代の方の肌にも心強い味方となります。もちろん男性の方にも変わりなく効力を発揮します。
ハンドクリームと書きましたが、粘膜質の目のそば以外は全身にお使いいただけます。お風呂上り、かかと・ひじ・ひざ下などのひび割れやすい箇所にすりこんでください。優しい眠りに誘う香りとともに、ぜひともゆったりとした時間をお過ごしください。yjimageCA8CQKYR

床ずれケア用ブレンドレシピ 床ずれケア用ブレンドレシピ はコメントを受け付けていません。

床ずれケア用ブレンドレシピ

 

寝たきりで自宅では体を動かすことのできない人は、同じ部分が常に圧迫され続けることから床ずれができてしまいがちです。そんな時に効果的なのが殺菌消毒、鎮静効果などのあるアロマオイルをブレンドしたマッサージオイルでのケアです。床ずれのできてしまっている人は肌も弱くなっていることから、あまり刺激の強いオイルはお勧めできません。パチュリはシソ科の植物で、少量の使用でも鎮静作用があります。ネガティブな感情をポジティブな方向へと導く効果があり、食欲をセーブし、利尿作用もあります。

パインは松から採油した精油で、肺の疾患や気管支炎、結核、肺炎などにも役立つとされています。とてもフレッシュな森林のような香りが精神的な疲労を和らげ、心をリフレッシュしてくれます。抗菌作用があり、痰を切り。気管支の分泌物の粘度も下げてくれるため、気管支炎や咽頭炎などにも効果的で、殺菌消毒特性があります。そして森林系の香りとして真っ先に頭に浮かぶシダーウッド精油には不安や心配事などで緊張している神経を鎮め、心を温めてくれる効果があります。また、呼吸器系に対しても有効で気管支炎やせきなどを緩和し、殺菌作用もあります。パチュリ、ミルラ、パイン、などとブレンドすることで床ずれのケアに適したオイルになります。

yjimageCA8CQKYR

 

咳や痰の改善用ブレンドレシピ 咳や痰の改善用ブレンドレシピ はコメントを受け付けていません。

イランイランには神経をリラックスさせ喜びの感情を持たせてくれる作用があります。過呼吸や頻脈も落ち着かせ、気分を高揚させる効果があります。サンダルウッドの精油は緊張と不安を和らげ、リラックスさせてくれる鎮静作用狩り意欲紅葉作用で自分の感情をうまく評点できないときにそっと後押しをしてくれるようなオイルです。ラバンジンは通称イングリッシュラベンダーと呼ばれるものとフレンチラベンダーと呼ばれているものの交配種です。心の疲れや集中力が低下した時アンドに爽やかにリフレッシュさせてくれる働きがあります。せきやたん鼻水などを改善するのに役立ちます。森林系の香りの代表的なものにシダーウッドがあります。この精油は心を温め、不安や心配事などで緊張している神経を沈め、心のバランスを崩しそうなときに感情をコントロールする役割があります。ミルラは無気力な時や気持ちの落ち込みの激しいときに使用すると、心を明るく高めて、沈みがちな気分を軽くしてくれる作用があります。殺菌鞘腫作用もあり、乾燥させるという働きから呼吸器系の粘液が過剰な状態を改善するのに役立ちます。森林系の香りで深い癒しを得られるシダーウッドにこれらのアロマオイルをブレンドすることで、つらい咳やたんなどの状況の改善に効果を発揮します。yjimageCA8CQKYR

気力がない時用ブレンドレシピ 気力がない時用ブレンドレシピ はコメントを受け付けていません。

気力がない時用ブレンドレシピ

 

 

香りは体調がすぐれないときや気分が落ち込んでいるときなど、様々な効果をもたらす力があります。アロマオイルは植物のエッセンスを凝縮したもので、その種類によって効果効能は様々です。けれども自分の好きな香りは心身ともに癒しを与えてくれる効果があり、それぞれの持つ効果効能をじっくりと研究して選ぶのもいいのですが、まずは自分が心地よいと思える香りを見つけるのがお勧めです。アロマオイルをアロマポットで温めたり、アロマデュフューザーを使ったりしてほのかな芳香浴を行えばストレスや疲れも癒されて吹き飛んでしまうという人もいます。ナチュラルな精油のパワーによって体や心の不調を整えられます。無気力な時や気持ちの落ち込みの激しいときに心を明るく高めてくれる効果のあるミルラ、心の疲れや集中力の低下を改善してくれる効果のあるラベンダー、かさかさした皮膚の炎症を止めたい時にラベンダー、カルダモン、カモミールなどをブレンドしたアロマオイルを使用するのも効果的です。またイランイランは神経をリラックスさせて喜びの感情を持たせてくれる作用があり、ホルモンバランスを整えて抑うつ状態になりやすい人には効果があります。気力がないときにはこれらのオイルをブレンドして使用するのがお勧めです。yjimageCA8CQKYR

エッセンシャルオイルの主な芳香成分について エッセンシャルオイルの主な芳香成分について はコメントを受け付けていません。

エッセンシャルオイルの主な芳香成分について

 

アロマテラピーの中には、ミルラという精油があります。
ミルラは、没薬とも呼ばれています。
ミルラには、殺菌や消毒の作用があると言われているので、古代エジプトの時代には、ミイラを作るときにも使われていたと言われています。
また、ミルラはキリストが産まれたときに贈り物として捧げられた、ということが聖書に載っています。
このミルラの主な成分は、リンデステレン、クルゼレン、β-エレメンです。
リンデステレンは、樹脂から採れるものです。
そのため、ミルラは、樹脂や薬草のような香りがします。
この香りは、気持ちが沈んだときや気力がなくなったときに、気分を高めてくれる香りです。
気分を高めたいときには、ミルラの香りを嗅ぐと良いようです。
また、ミルラには、殺菌効果や抗炎症効果があるので、体や肌にも良い効果を期待することができます。
肌への効果は、傷や炎症を抑えるだけではなく、ひびやあかぎれ、かゆみなどにも効果があると言われています。
肌の乾燥などでかゆみが治まらないときは、ミルラを使用してみると良いかもしれません。
ミルラは、香りがとても強いことでも知られています。
使用するときは、量に注意をして適量で使用するようにしましょう。

yjimageCA8CQKYR

お肌への効能について お肌への効能について はコメントを受け付けていません。

お肌への効能について

 

ミルラは、優れた防腐作用を持っていたことから、古代エジプトではミイラをつくる際に利用されていました。そして太陽崇拝を行う儀式の際にもミイラを焚くときの薫香としても使われてきました。これがミルラの名前の元になったと言われています。そしてキリストの誕生の贈り物にもなったそうです。
また化粧品やフェイシャルパックとしても使われていた歴史があります。それは現代でも同様の効果が期待できます。
上記のような効果からお肌に対する効果は高いです。殺菌、消毒作用も強いので、化膿してしまった傷や治りにくい傷の症状の緩和にも強い効果を発揮します。そして肌のかゆみや炎症を抑える効果の高い成分が含まれているので、肌のひび割れやあかぎれにも効果があります。保護特性も強く、組織の変質を抑えることからこのような効果が期待できます。
これらは非常に効果が高いため、使用には注意が必要です。濃度が高いまま使用すると毒性をもつことがあるので適切に希釈し使用することが重要です。また香りが強いため少量ずつの使用します。
また通経や月経促進作用をもち、子宮に影響を与えてしまうため妊娠中の使用はできません。適切に使用すれば刺激を起こすことや感作の作用はありません。
yjimageCA8CQKYR

 

身体面への効能について 身体面への効能について はコメントを受け付けていません。

身体面への効能について

 

ミルラ(没薬)のエッセンシャルオイルの香りは、気持ちを落ち着かせて意欲を引き出し、集中力を高める作用があるなど、心に与える効能も大きいですが、身体面での効能も多いことも知られています。

たとえば、ミルラには殺菌作用があるので、家の玄関や居間などの家族が頻繁に通る場所にアロマの香りを満たして空気を消毒しておくことで、風邪や感染症の予防に効果を発揮してくれます。

一方、ミルラには身体の粘液過多の状態を解消する効果があるので、精油を利用することで鼻水や咳・痰の改善に一役買ってくれます。
たとえば、ミルラのエッセンシャルオイルを入れたアロマ加湿器(アロマオイルが使用できる加湿器)を使用して蒸気と香りに満たされた部屋で過ごせば、粘液過多の状態が改善されて気管支や鼻の通りがよくなるので、鼻水や咳・痰、喉の痛みなどの症状を緩和する効果が期待できます。

このように、ミルラのエッセンシャルオイルは、殺菌作用や粘液過多の解消などの効能を持つので、風邪の予防や症状の緩和に効果的です。
その他にも、ミルラは歯磨き剤などのマウスケア製品の原料としても利用されており、歯肉炎や歯槽膿漏、口内炎、口臭などのお口のトラブルの改善にも効果があるので、ミルラのオイルを手作りのマウスウォッシュに入れて利用すると効果的です。
ただし、ミルラには、子宮を刺激する作用があるとされており、妊娠中の方は早産や流産を誘発する可能性が指摘されているので、妊娠中の利用は控えたほうがよいでしょう。yjimageCA8CQKYR

精神面への効能について 精神面への効能について はコメントを受け付けていません。

精神面への効能について

 

歴史上珍重されてきたミルラ。中国では「苦い」という意味の「没薬(もつやく)」と表記されました。樹液を乾燥させ琥珀のように固まったところを採取し、スパイシーでかすかに甘い香りで殺菌作用に優れています。その効能から古代より宗教儀礼の場を清め、信仰心を高める香として焚かれており、特にエジプトではミイラの防腐処理に欠かせない薬品でした。殺菌作用・乾燥作用にも優れ、呼吸器系の不調である痰や鼻水などの水毒を軽減したり、外傷の消炎・鎮痛にも力を発揮します。
かの旧約聖書にはミルラの記述が多く、キリストの生誕に博士たちが捧げたもののひとつに没薬と書かれています。キリスト受難の際にもぶどう酒にまぜて飲ませその苦しみをやわらげ、信者が墓に供えた香油もこの没薬でした。鎮痛・消炎の作用を「医者の象徴」とし、救世主であるキリストにその「優しく思いやり、万人を救う」というイメージを重ね合わせた結果、このような記述が多いのではないかと言われています。
このようなミルラ、現在でも暮らしの中の多くの場面で私たちを癒してくれます。吸い込むことで呼吸器のみならず内臓全般の調子を整え、肌パックで代謝を上げることもできます。また特筆すべきはその香りで精神面に働きかけてくれるということ。興奮しすぎた気持ちを適度に抑え、また逆に沈んだ気持ちや無気力を健康的に改善させます。両極端に陥りがちな私たちの内面のバランスを程よく調整し、穏やかで前向きな状態をもたらす。まさに手をさしのべる万能の医者のようです。
現代社会でいつ無気力に捕らわれてしまうかわからない中、このように頼りになるミルラ。ぜひ試してみてください。yjimageCA8CQKYR